クレーター肌を改善できる治療|肌トラブルの進行を抑える

横顔

滑らかな肌にする方法

手鏡

ニキビが悪化して肌表面が陥没したクレーターの治療には、皮膚科を始め美容整形外科などでレーザーによる治療が欠かせません。肌の再生をより促すために、自宅で定期的にピーリングを行うと相乗効果が得られると言われています。

もっと見る

にきびやにきび跡

水しぶき

にきびができてしまったら

にきびができる原因は皮脂の過剰分泌の他、体質や生活習慣、乾燥などがあげられます。にきびができないように予防することも大事ですが、にきびが出来てしまった場合には、にきび跡が残らないように対処することも大切です。人間の皮膚は表皮、真皮、皮下組織と3層に分かれていますが、真皮までダメージを受けると肌が元に戻ることは難しくなってしまいます。にきびが化膿したり潰してしまうと真皮までダメージを受けやすく、しこりが残ったりクレーター状になって肌が凸凹になってしまう確率が高くなってしまうので注意が必要です。にきびが悪化する原因は皮脂の中の雑菌が原因ですが、洗顔のしすぎは皮脂の分泌を盛んにする結果になるので逆効果です。

レーザーが人気の理由

現在ではにきび跡の治療を行っている美容クリニックが急増しています。にきび治療に関してはこれまでも皮膚科で行われてきましたが、多くはにきびの悪化を防いだりにきびができないよう薬などで予防するのがメインで、特にクレーター状に残ってしまったにきび跡を元に戻すのは難しいと考えられていました。にきび跡の治療に使われているレーザー機器はいくつかの種類が開発されていて、クレーター状の場合でも肌の深い部分まで刺激することができるのが特徴です。特にクレーター状の場合は凹みが気になる人も少なくありませんが、レーザー治療ではコラーゲンを増殖することができ、肌が持ち上がって凸凹を目立たなくすることができるのが人気の理由となっています。

レーザーや再生医療で

婦人

ニキビの跡がクレーターになると簡単には消えなくなるのでなるべく掻きむしったりしないように気をつけることが大切です。もしクレーターができてしまったら、美容クリニックに相談してみましょう。レーザー治療で効果がないときでも、線維芽細胞増殖因子を使う治療法などがあります。

もっと見る

デコボコのニキビ跡を治す

先生

ニキビで注意が必要なのは赤ニキビといわれる症状です。これは炎症を起こして化膿した状態のニキビですが、クレーター跡が残りやすいのです。クレーターになってしまったニキビ跡の治療では、コラーゲンなどで肌のハリを取り戻す方法があります。確実にクレーターを治療するなら整形外科でレーザー治療を行うのが最適です。

もっと見る